逆流性食道炎が悪化する!?運動のやり過ぎには注意!

逆流性食道炎が悪化する!?運動のやり過ぎには注意!

 

 

逆流性食道炎が悪化する!?運動のやり過ぎには注意!

 

 

1、運動のやりすぎは注意!!

 

逆流性食道炎の改善には、運動療法が効果的です。しかし、やりすぎは時として悪化につながります。

 

 

2、逆流性食道炎の原因

 

胃酸が食道に行くことで、喉に痛みを感じます。食道には胃の粘膜と違い、防衛する機能がないため、胃酸が逆流すれば食道の膜は損傷されます。

 

胃酸が逆流するのは横隔膜に胃の噴門線が入り込んでしまったからである。噴門線というパカっと開くフタみたいなものがあり、これは粘液を分泌しています。噴門線の下に胃底腺というのがあります。

 

通常、胃液というときは胃底腺の分泌をいいます。それはこの線の分泌駅が消化に直接関係し、分泌量も多く、生理的には最も重要であるからです。

 

胃底腺は胃粘膜表面に多数見える胃小窩という孔から粘膜の奥に入り込んでいる細い管状の線で、胃の内腔に直接開口しています。そこから胃酸(胃液)が噴門を介して横隔膜を貫通し食道まで胃酸を出しているため、喉が痛いというメカニズムです。

 

 

3、改善方法

 

発症当時は、ひどい胸焼けと痛みにおそわれているため、薬物療法で治療していきましょう。また、服薬管理(リスク管理)も大事ですので、さぼらず服薬していきましょう。安静時が過ぎたら徐々に軽い運動を始めていきましょう。身体に負担のない程度でいいです。激しい運動は避けてください。

 

痛みがあるということは、身体が何かしら損傷されて信号を出していること。

 

自分のペースでゆっくりあった運動を選びましょう。間違えて激しい運動はしないように注意しましょう。悪化や再発の元になります。このように運動療法をして逆流性食道炎を治療していきます。

 

逆流性食道炎の改善運動には、ヨガや、簡単なストレッチ、軽いジョギング・ウォーキングやプールなどの歩行があります。

 

なぜ運動が効果的なのか?

 

逆流性食道炎になる人というのは腹圧が高まっているためだからです。また、下部括約筋が弛緩しているため正常に収縮するために運動で改善させる必要があるというわけです。腹圧が高まる原因や下部括約筋が弛緩する人というのは、肥満の人であったり、慢性気管支炎、加齢(衰え)による年相応、喘息、猫背などで脊柱が屈曲(円背)してしまった状態の人たちがなりやすいのです。

 

だからこそ運動療法によって、肥満であれば脂肪を燃焼してあげて治療に繋がっていきます。喘息、慢性気管支炎、猫背などで背骨が屈曲(円背)してしまった人は腹式呼吸・腹筋(最初のうちは止めておきましょう)などで治療していきましょう。