逆流性食道炎の治療は運動療法で解消しよう!

逆流性食道炎の治療は運動療法で解消しよう!

 

 

逆流性食道炎の治療は運動療法で解消しよう!

 

 

 

1、 逆流性食道炎とはどういったものか?

 

逆流性食道炎は胃の内容物が胃酸とともに食道まで逆流するもので、症状として胸やけ、吐き気・嘔吐、口臭が臭くなる、喉の痛み、呼吸困難、イライラ(ストレス)などがあります。これらの症状を感じたら逆流性食道炎と疑ったほうがいいかもしれません。他の疾患でもこれらの症状は見られますが、胸やけなどは逆流性食道炎に特徴的ですので、すぐにでも妙な苦しさ、喉の痛み、胸やけを感じたら病院に行きましょう。

 

 

2、 逆流性食道炎は何故起こるのか? 

 

 何らかの原因で腹圧が高まり、その腹圧で横隔膜に胃が貫通します。貫通した胃の噴門部のフタを抑えきれなくなった下部括約筋が緩みます。このことによって胃底部にある胃酸・胃液が胃の内容物とともに貫通した横隔膜の通り道を通り、食道まで行きます。食道に胃酸が行くと喉の痛み、胸やけ、吐き気・嘔吐、などを感じます。本来食道には、胃酸から守る粘膜が存在しません。ですから食道に胃酸が来ると、食道の粘膜が損傷され炎症が起こるのです。そして嘔吐・吐き気が起こります。

 

3、 治療と運動

 

 治療としては運動療法と薬物療法があります。最初は薬物療法から始めていきます。薬物療法で食道の炎症を抑えます。抗炎症薬などを服薬します。この時、薬をさぼらずにしっかり飲みましょう。また、一回飲んで終わりなど油断も注意しましょう。服薬管理・リスク管理はきちんと行いましょう。この薬物療法の安静時は治療していくうえで大変大事な時期なので、ゆっくりと焦らずに徐々に治していきましょう。

 

 安静時が過ぎて落ち着いてきたら今度は運動療法に切り替えましょう。運動として、初めは軽めの運動から行いましょう。運動としてストレッチ、ヨガ、軽めのジョギング・ウォーキング、プールでの歩行などがあります。これら以外にも自分にあった適度な運動を見つけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、 なぜ運動なのか

 

 そもそも逆流性食道炎になりやすい人は肥満、喘息、慢性気管支炎、猫背などで体幹が屈曲している人(円背)、加齢による年相応などがあります。肥満であれば腹圧が高まっているので脂肪を運動によって燃焼させる必要があります。

 

 喘息、慢性気管支炎であれば腹圧をさげるため、腹式呼吸などが適しているでしょう。猫背などで体幹が屈曲している人(円背)は胃の下部括約筋が弛緩しているため、腹筋などで下部括約筋を鍛えてあげましょう。また、最初から腹筋は激しい運動になりますので注意して、あるいはなるべく控えましょう。

 

 

 

 

逆流性食道炎による食後の胸やけは運動で改善!そのやり方とは?