逆流性食道炎の痛みが続く場合の治療法について

逆流性食道炎の痛みが続く場合の治療法について

 

 

逆流性食道炎の痛みが続く場合の治療法について

 

 

1、 逆流性食道炎の症状

 

 逆流性食道炎は嘔吐・吐き気、胸やけ、呼吸困難、口臭が臭い、イライラなどがあります。なぜこのような症状が起こるか、下記に原因と治療法を解説します。

 

 

2、逆流性食道炎は何故痛くなるのか?

 

胃の粘膜には胃酸で守られていますが食道には防衛するものはありません。そのため、その胃酸が食道まで逆流すると炎症が起こります。食道の粘膜を損傷してしまうのです。この括約筋の働きや横隔膜の圧力が弱くなったりすることで、食道と胃の蓋が緩み、胃酸などが逆流し、強い酸性の胃酸によって食道が、いわば火傷をしてしまうのと同じように、荒れてしまうわけです。

 

ストレスなどによって胃酸の分泌をつかさどる機能がうまく機能していない時には、胃に消化すべきものが入っていないときでも、胃酸が分泌されてしまい、その結果、炎症部分に刺激があることになり、痛みや胸焼けを引き起こします。

 

 

3、逆流性食道炎の効果的な治療法

 

逆流性食道炎の治療の基本は、生活習慣の改善と薬の服用です。多くの場合は、これらの治療で食道の炎症や症状は良くなります。

 

生活習慣の改善では、規則正しい生活・栄養バランスのとれた食事・刺激物を避けるといったことを心がけます。それと併行して、胃酸の分泌を抑えるH2受容体拮抗薬などが使用されます。

 

何度も再発を繰り返す場合や、食道の炎症が強く食道が狭まってしまっている場合は、外科的手術を行う場合もあります。

 

逆流性食道炎が進行すると、食道潰瘍に発展することもあるため、早期の治療が大切です。

 

 また、薬を飲んだからと言って油断も大敵です。油断して治ったと調子に乗って激しい運動などをしないようにしましょう。安静こそが治療への近道です。落ち着いてきたら運動療法に切り替え、運動をとりえましょう。この時比較的軽い運動を行いましょう。自分に合った適度な運動をすることが重要です。運動では、ヨガ、体操、軽いジョギング・ウォーキング、プールでの歩行などがあります。

 

 運動をすることによって高まった腹圧を下げるための燃焼効果や、胃の噴門線を抑制できず弛緩してしまっている下部括約筋を改善することができるからです。腹圧が高まりやすいい人の原因は、肥満や喘息、加齢による年相応の衰えや慢性気管支炎、猫背などで脊柱が屈曲(円背)してしまった状態の人などです。

 

よって肥満であれば脂肪燃焼を行い脂肪を燃やして改善効果を目指していくことができます。猫背などの人は下部括約筋を鍛えるなどで改善します。また、腹筋がありますが最初のうちは止めておきましょう。喘息・気管支炎であれば腹式呼吸をしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎が原因の嘔吐・吐き気、下痢の対策を教えます!