逆流性食道炎による喉の痛みを改善するコツとは?

逆流性食道炎による喉の痛みを改善するコツとは?

 

 

逆流性食道炎による喉の痛みを改善するコツとは?

 

 

1、 喉の痛み、実はそれ逆流性食道炎かもしれません!

 

 朝起きた時喉が痛かったり、夜眠れなかったりなど、それだけでなく吐き気・嘔吐、やたらストレスを感じていたり、特に胸やけがする場合は、逆流性食道炎かもしれません。風邪などでのどが痛いのとはまた異なって来るので、以下に逆流性食道炎について喉の原因と改善について解説します。

 

 

2、 喉の痛みが起きる原因

 

「原因」
胃酸が食道に行くことで、喉に痛みを感じます。食道には胃の粘膜と違い、防衛する機能がないため、胃酸が逆流すれば食道の膜は損傷されます。

 

胃酸が逆流するのは横隔膜に胃の噴門線が入り込んでしまったから。噴門線といフタみたいなものがあり、これは粘液を分泌しています。噴門線の下に胃底腺というのがあります。

 

通常、胃液というときは胃底腺の分泌をいいます。それはこの線の分泌駅が消化に直接関係し、分泌量も多く、生理的には最も重要であるからです。

 

胃底腺は胃粘膜表面に多数見える胃小窩という孔から粘膜の奥に入り込んでいる細い管状の線で、胃の内腔に直接開口しています。そこから胃酸(胃液)が噴門を介して横隔膜を貫通し食道まで胃酸を出しているため、喉が痛いというメカニズムなのです。

 

 

3、改善方法

 

発症当時は、ひどい胸焼けと痛みにおそわれているため、薬物療法で治療していきましょう。また、服薬管理(リスク管理)も大事ですので、さぼらず服薬していきましょう。安静時が過ぎたら徐々に軽い運動を始めていきましょう。身体に負担のない程度でいいです。激しい運動は避けてください。

 

そもそも上記の喉の痛みの原因でご説明した通り、横隔膜が貫通し胃酸が逆流しているのです。

 

つまり、腹圧が高まってしまい横隔膜が貫通するような状態となったといえます。腹圧が高まるというのは、肥満であったり、喘息、慢性気管支炎、加齢による年相応のもの(衰え)、猫背で脊柱が屈曲し(円背)になっているためだと考えられます。これらの人たちはそれぞれのが原因を解消する必要があります。

 

肥満の人であれば脂肪によって腹圧が高まってしまっているので」、脂肪燃焼を運動によって行います。喘息、慢性気管支炎は安静時療法をとりましょう。

 

また、慢性ということは過度な運動はしないでください。急性と違い慢性なのでずっと続きます。

 

加齢であってもリハビリはしましょう。デイケアや訪問リハがあります。猫背による脊柱が屈曲(円背)してしまっている場合は正しい姿勢になるように訓練しましょう。

 

脂肪燃焼でおすすめの運動は軽いウォーキングやヨガなどです。ウォーキングといっても早すぎずに、スロージョギングなどもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎はストレッチで良くなる!?効果的な方法とは