逆流性食道炎対策は運動で吐き気を改善!

逆流性食道炎対策は運動で吐き気を改善!

 

 

逆流性食道炎対策は運動で吐き気を改善!

 

 

1、 逆流性食道炎と聞いたら?

 

 まず、逆流性食道炎とは何でしょうか。そう耳にしてどんなことを想像しますか?食道と胃に深い関係があります。

 

また、吐き気・嘔吐、ストレスなどの症状があります。今回はその逆流性食道炎になった時の吐き気を感じた時の改善やどういった原因で逆流性食道炎になるのか解説します。

 

 

2、吐き気

 

そもそも吐き気が何故起こるのか?原因は一体何なのか?

 

「原因」
通常では胃の入り口(噴門)は閉じていますが、食生活・生活習慣・加齢などによって胃酸・胃内容物が食道へ逆流することにより、食道が炎症することなどで起こります。

 

胃の粘膜には胃酸で守られていますが食道には防衛するものはありません。そのため、その胃酸が食道まで逆流すると炎症が起こります。食道の粘膜を損傷してしまうのです。

 

健常者では胃の入り口は食道の括約筋と横隔膜の適度な圧力でしっかりしまっているため、胃酸や胃の内容物が食道へ逆流しないようになっています。

 

健常者でも1日数回逆流することもありますが、短時間であったり少量であることから、症状が出ることは特にありません。お腹を圧迫した時に胃液が上がって苦く感じたことありませんか?

 

この括約筋の働きや横隔膜の圧力が弱くなったりすることで、食道と胃の蓋が緩み、胃酸などが逆流し、強い酸性の胃酸によって食道が、いわば火傷をしてしまうのと同じように、荒れてしまうわけです。

 

 

3、運動で改善

 

 まずは、病院に行き薬をもらって薬物療法をしましょう。あと、服薬管理もお忘れずにさぼらずやりましょう。

 

嘔吐や吐き気があるのにさすがにいきなり運動は無理なので、落ち着いて来たら軽い運動を始めましょう。軽めの運動で結構ですので、軽いといってもランニングなど長距離などせず、軽い短距離のウォーキングなどに変えましょう。運動の途中で吐き気や嘔吐が合ったらすぐに中断しましょう。

 

その場で休み休憩をとってください。あまりにも胸やけがひどくなった場合、近くの人に声をかけるなどするいいでしょう。嘔吐の時点で身体が悲鳴を上げていると思ってください。

 

上記の原因で書いたように要は横隔膜に胃が貫通するなどが原因でなるので、肥満の方の人がなったりするのです。そのため脂肪燃焼に運動を心掛けてやるといいでしょう。

 

ただし、無理に痩せようとするのは危険ですので、過度な運動は避けてください。徐々にあせらず治療していってください。

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎の改善に腹筋は効果あり?