逆流性食道炎を予防するための運動のおすすめは?

逆流性食道炎を予防するための運動のおすすめは?

 

 

逆流性食道炎を予防するための運動のおすすめは?

 

 

1、 生活習慣との関係は?

 

 食習慣の中でみだらな、だらしない生活を送っている人は注意が必要かもしれません。食生活に問題があったり、姿勢に問題がある人などは逆流性食道炎に近づいているかもしれません。きちんとした食生活を送るのも一つの予防です。

 

また、普段から姿勢に気を付けることも大事です。後の方で解説しますが、姿勢や肥満などが逆流性食道炎に関係しているのです。以下にその逆流性食道炎について、特に予防を重点に詳しく解説していきます。

 

 

2、逆流性食道炎、予防改善のために知っておくこと

 

 予防するためにも、そもそもどうしておこるのかを解説したいと思います。

 

「原因」
通常では胃の入り口(噴門)は閉じていますが、食生活・生活習慣・加齢などによって胃酸・胃内容物が食道へ逆流することにより、食道が炎症することなどで起こります。

 

胃の粘膜には胃酸で守られていますが食道には防衛するものはありません。そのため、その胃酸が食道まで逆流すると炎症が起こります。食道の粘膜を損傷してしまうのです。

 

健常者では胃の入り口は食道の括約筋と横隔膜の適度な圧力でしっかりしまっているため、胃酸や胃の内容物が食道へ逆流しないようになっています。

 

健常者でも1日数回逆流することもありますが、短時間であったり少量であることから、症状が出ることは特にありません。お腹を圧迫した時に胃液が上がって苦く感じたことありませんか?

 

この括約筋の働きや横隔膜の圧力が弱くなったりすることで、食道と胃の蓋が緩み、胃酸などが逆流し、強い酸性の胃酸によって食道が、いわば火傷をしてしまうのと同じように、荒れてしまうわけです。

 

「症状」
主症状は胸やけですが、進行すると嘔吐が起こったり吐き気などがあります。出血を伴うことはありません。

 

 

3、予防方法となる改善とは?

 

ずばり運動です!

 

どういった人がなりやすいのか?

 

肥満の方や、喘息、慢性気管支炎、年齢による年相応のもの(身体機能の衰え)、猫背で背骨が屈曲している人(円背)などの人です。

 

肥満などで腹圧が上昇機構にあるので、脂肪を燃焼させる、または期待できる運動をすることが予防です。ヨガやストレッチなどがあります。

 

あくまで予防ですが、だからといってハード過ぎない運動がいいでしょう。軽いランニング・ジョギング、水泳などのプールで歩いたり、泳ぐのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎のみぞおちの痛みを緩和するには?