逆流性食道炎、空腹時も痛みが!どうしたらいいの?

逆流性食道炎、空腹時も痛みが!どうしたらいいの?

 

 

逆流性食道炎、空腹時も痛みが!どうしたらいいの?

 

 

1、 エネルギーを欲しがっているときにお腹が痛いとき?

 

 何も食べてないから痛い。そうではなく何も食べていなくても痛みが来るのは逆流性食道炎が関係しているかもしれません。逆流性食道炎について解説していきます。

 

2、空腹時に痛みが起こる?

 

胃の粘膜には胃酸で守られていますが食道には防衛するものはありません。そのため、その胃酸が食道まで逆流すると炎症が起こります。

 

食道の粘膜を損傷してしまうのです。この括約筋の働きや横隔膜の圧力が弱くなったりすることで、食道と胃の蓋が緩み、胃酸などが逆流し、強い酸性の胃酸によって食道が、いわば火傷をしてしまうのと同じように、荒れてしまうわけです。

 

ストレスなどによって胃酸の分泌をつかさどる機能がうまく機能していない時には、胃に消化すべきものが入っていないときでも、胃酸が分泌されてしまい、その結果、炎症部分に刺激があることになり、痛みや胸焼けを引き起こします。

 

 

3、改善方法

 

 人間の空腹時というのはたくさんエネルギーを欲しがっています。エネルギー源であるブドウ糖を欲しがっています。

 

ですがそのブドウ糖ですらストレスで胃の機能がうまく調節されないため、胃酸のみが大量に胃の中にはあります。

 

よってその胃酸をどうにかしてあげなければなりません。そのためには薬物による薬物療法しかありません。きちんと病院に行って薬を貰いましょう。そして服薬管理(リスク管理)もきちんと、さぼらず薬をのむようにしましょう。

 

また、薬を飲んだからと言って油断も大敵です。油断して治ったと調子に乗って激しい運動などをしないようにしましょう。安静こそが治療への近道です。

 

落ち着いてきたら運動療法に切り替え、運動を取り入れましょう。この時比較的軽い運動を行いましょう。自分に合った適度な運動をすることが重要です。

 

運動では、ヨガ、体操、軽いジョギング・ウォーキング、プールでの歩行などがあります。

 

 運動をすることによって高まった腹圧を下げるための燃焼効果や、胃の噴門線を抑制できず弛緩してしまっっている下部括約筋を改善することができるからです。

 

腹圧が高まりやすい人の原因は、肥満や喘息、加齢による年相応の衰えや慢性気管支炎、猫背などで脊柱が屈曲(円背)してしっまた状態の人などです。

 

よって肥満であれば脂肪燃焼を行い脂肪を燃やして改善効果を目指していくことができます。猫背などの人は下部括約筋を鍛えるなどで改善します。

 

また、腹筋がありますが最初のうちは止めておきましょう。喘息。気管支炎であれば腹式呼吸をしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎による食後の胸やけは運動で改善!そのやり方とは?