逆流性食道炎はストレッチで良くなる!?効果的な方法とは

逆流性食道炎はストレッチで良くなる!?効果的な方法とは

 

 

逆流性食道炎はストレッチで良くなる!?効果的な方法とは

 

 

1、 逆流性食道炎とは?

 

 そもそも逆流性食道炎とは何かというと胃の内容物が胃酸とともに食道まで逆流することです。本来食道にないべきものがあるので粘粘膜損傷して炎症を引き起こします。食道には胃酸のような強い酸性から守る防御機能がありません。そのため、喉が痛くなったり、吐き気・嘔吐、胸やけ、呼吸困難を感じるのです。胃が逆流する仕組みを以下で解説します。

 

 

2、 逆流性食道炎のメカニズム

 

通常では胃の入り口(噴門)は閉じていますが、食生活・生活習慣・加齢などによって胃酸・胃内容物が食道へ逆流することにより、食道が炎症することなどで起こります。

 

胃の粘膜には胃酸で守られていますが食道には防衛するものはありません。そのため、その胃酸が食道まで逆流すると炎症が起こります。食道の粘膜を損傷してしまうのです。

 

健常者では胃の入り口は食道の括約筋と横隔膜の適度な圧力でしっかりしまっているため、胃酸や胃の内容物が食道へ逆流しないようになっています。
健常者でも1日数回逆流することもありますが、短時間であったり少量であることから、症状が出ることは特にありません。お腹を圧迫した時に胃液が上がって苦く感じたことありませんか?

 

この括約筋の働きや横隔膜の圧力が弱くなったりすることで、食道と胃の蓋が緩み、胃酸などが逆流し、強い酸性の胃酸によって食道が、いわば火傷をしてしまうのと同じように、荒れてしまうわけです。

 

 

3、 逆流性食道炎改善プログラム

 

 今話題の福辻式逆流性食道炎改善プログラムという教材をご存知でしょうか?この教材は、東京都品川区西五反田にある人気の治療院「アスカ鍼灸治療院」院長の福辻鋭記先生が監修して作られた教材です。私はこの教材をお勧めします。

 

まずは、ストレッチをして胃酸が逆流しない身体を作ると、逆流性食道炎を改善することができるのです。

 

悪い姿勢になると胃が圧迫されて胃酸が逆流しやすくなり逆流性食道炎になってしまうので、ストレッチによって正しい姿勢が保てるようにするのです。

 

 猫背の人は体幹を伸展させましょう。つまり背筋を伸ばすということです。まずは10秒間でもいいのでグ〜と伸ばしましょう。背筋を伸ばすことにより下部括約筋が働くだけでなく、いい運動にもなりダイエットも兼ねてやりましょう。

 

肥満の人は腹圧が高まっているため、背筋を伸ばし姿勢を良くして脂肪を燃焼させる改善プログラムも組みましょう。

 

 逆流性食道炎改善プログラムの教材をぜひとも読んでみてください。基本的には自律神経系を整えて体調や体のバランスを整えてホルモンバランスを整えることによって元の正常な内臓の状態に戻すと言うのがこの教材の良いところです!

 

 

 

【良い?悪い?】福辻鋭記の逆流性食道炎改善プログラムの評判・口コミ