逆流性食道炎で朝に吐き気が…。つらいときの対処法

逆流性食道炎で朝に吐き気が…。つらいときの対処法

 

 

逆流性食道炎で朝に吐き気が…。つらいときの対処法

 

 

1、 妙に吐き気がする場合

 

  吐き気が朝や夜寝る前など、日中続く場合は、逆流性食道炎と疑ってください。何らかの疾患と間違えられるかもしれませんが、胸やけを感じたり、口の中に苦みや酸っぱさで口臭がきつく、吐き気だけでなく嘔吐もある場合は逆流性食道炎かもしれません。以下に詳しく解説します。

 

 

2、逆流性食道炎の朝の症状

 

朝起きた時辛いのは、お酒の飲みすぎたというのもあるでしょうが、中には逆流性食道炎かもしれません。胸やけを感じたり、吐きを感じたり、嘔吐が合ったら、逆流性食道炎かもしれません。

 

 また、吐き気や嘔吐は、いろいろな病気の症状としてあらわれます。 食中毒や胃潰瘍などの内臓疾患、薬などによる副作用もあります。

 

「対処方法」
よくわからない、とにかく気持ち悪いなど重症の場合は病院に行きましょう。そして薬をもらい薬物療法を行っていくしかありません。

 

胃酸が食道に行き炎症を起こし食道の粘膜を損傷しているので、いつ嘔吐するかもわかりません。薬で抗炎症薬や胃酸を中和する薬で処方するしかないのです。

 

運動療法もありますが、比較的には激しい運動は避けてください。悪化や危険招く可能性になるので、軽い運動・適度な運動で対処するのはいいことです。例えばヨガです。逆流性食道炎は食道ヘルニアが原因でもあるため、お腹の腹圧を高める運動としてヨガなどが適しています。

 

腹圧を高め、薬を処方して、快適な毎日を取り戻していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.寝ている睡眠中にやってくるかも!

 

胃は食べた後6〜7時間ほど消化時間が続きます。それも寝る前は論外です。横になっていても消化はしています。消化中枢である延髄が迷走神経を出し、消化しています。

 

 そして夜中に胸やけ。吐き気で目が覚めて、症状が朝まで続くということがあります。

 

 ではどうすればいいのか?

 

食べる時間を早めることをお勧めします。消化は6〜7時間程続くので、遅くとも夕方午後18時にご飯を食べ、深夜12時に消灯といった具合になります。

 

また、寝るとき時のポイントでは枕を少し高くするなど工夫しましょう。寝る前に薬は必ず飲みましょう。それでも症状が落ち着かない場合は医師に相談しに行きましょう。

 

また、朝の症状が辛いのであれば、専用のマットレスや、リクライニングのようなもので試してみるといいかもしれません。しかし逆に頸部を痛めてしまったり、変な姿勢を長時間保持することになる場合は注意が必要です。医師とご相談することをお勧めします。

 

逆流性食道炎になったら一人で解決しようとせず必ず専門の人に対処方法を教えてもらうことも大事なので、抱え込まないようにしましょう。

 

 

 

 

逆流性食道炎の改善に腹筋は効果あり?