逆流性食道炎による食後の胸やけは運動で改善!そのやり方とは?

逆流性食道炎による食後の胸やけは運動で改善!そのやり方とは?

 

 

逆流性食道炎による食後の胸やけは運動で改善!そのやり方とは?

 

 

1、 逆流性食道炎と胸やけ

 

 逆流性食道炎になると胸やけとよく聞きます。それはなぜか。他の疾患でも胸やけを感じることがあるでしょう。また、逆流性食道炎は嘔吐・吐き気、呼吸困難、口臭がきつくなったり、喉が痛くなったりなどの症状があります。このような症状を感じたら逆流性食道炎と疑い病院にいきましょう。

 

 

2、 胸やけは何故起こるのか?

 

胃の噴門線が横隔膜に入り込んでしまって食道まで胃酸が流れます。これは腹圧などが高まり下部括約筋が噴門線を抑えることができず、下部括約筋が弛緩してしまった状態になり、胃が喉まで逆流します。 
 胃の下には胃底腺と呼ばれる胃体があるところがあります。ここで胃酸や胃液が作られます。胃には強い粘膜があり胃酸・胃液などの強い酸性に耐えられるように出来ています。しかし、食道にはそのような防衛機能はありませんので、胃からこの強い塩酸が喉に行くと、食道は炎症を起こし、食道の粘膜は損傷します。

 

 

3、 運動療法で改善

 

肥満でお腹が出っ張ると、胃のあたりが圧迫されて胃酸が食道に逆流しやすくなります。ならば肥満を取り除くために脂肪燃焼効果のある運動を行いましょう。
体脂肪を燃やすことを薦めますが、激しいのは危険なので、適度な軽い運動にしましょう。運動をすることによって高まった腹圧を下げるための燃焼効果や、胃の噴門線を抑制できず弛緩してしまっている下部括約筋を改善することができるからです。

 

 

例えばこちら ↓ ↓

 

 

 

腹圧が高まりやすい人の原因は、肥満や喘息、加齢による年相応の衰えや慢性気管支炎、猫背などで脊柱が屈曲(円背)してしまった状態の人などです。よって肥満であれば脂肪燃焼を行い脂肪を燃やして改善効果を目指していくことができます。

 

猫背などの人は下部括約筋を鍛えるなどで改善します。また、腹筋がありますが最初のうちは止めておきましょう。喘息。気管支炎であれば腹式呼吸を取り得えましょう。

 

スポーツなど軽い気持ちでやらないようにしましょう。また運動することはいいのですが、脂肪を燃やすことが目的ですので、脂肪が減らなければ意味がありません。
本来消費カロリーが摂取カロリーを上回れば自然と痩せていくのです。逆に消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っていれば当然脂肪がついていきます。

 

だからと言って激しい運動をすればいいというわけではありません。脂肪に使われる体内のエネルギー源はブドウ糖です。このブドウ糖がたくさん消費されれば、また使われればお腹が減ります。そこで軽い消費でコツコツ脂肪を下げていくのです。

 

また、頭を使うだけでもブドウ糖が使われるためブドウ糖消費には効果が期待できます。
無理せずやるのが一番です。

 

 

以下の脳トレなどもおすすめですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎の改善に腹筋は効果あり?