逆流性食道炎のみぞおちの痛みを緩和するには?

逆流性食道炎のみぞおちの痛みを緩和するには?

 

 

逆流性食道炎のみぞおちの痛みを緩和するには?

 

 

1、 みぞおちとは?

 

  胃の噴門線の上あたりがみぞおちです。この辺りが痛いということは逆流性食道炎を引き起こしているかもしれません。そもそも胃は食べ物を消化さる時に分泌液をたくさん出す場所であり胃液(ペプシン)、胃酸が胃底部にあります。これらが横隔膜を貫通し、食道まで胃酸が胃内容物と共に逆流することで痛みがおこります。

 

食べ過ぎ・肥満は、一度にたくさん食べると、胃が拡張して胃の上部が伸び、下部食道括約筋が緩んで、逆流を起こしやすくなります。また、このような一時的な下部食道括約筋の緩みは、肥満の人ほど緩みの起こり方が強いことが判明しています。

 

 

2、 緩和するには

 

「対処方法」
噴門線のフタがパカっと開いてしまい横隔膜を貫くことで直接食道とつながってしまうのです。よって口が臭くなったり、呼吸困難になったり、嘔吐・吐き気が症状として出るのです。本来、食道にあるべきでない分泌物があるわけですから、それも消化分泌の強い酸性なので辛いのは当たり前です。呼吸が苦しい場合は腹式呼吸を行いましょう。

 

「逆流性食道炎の緩和」
まずは薬物療法を行いましょう。しっかりと服薬することが大切です。薬には胃酸によって食道の粘膜が損傷し炎症されているので、抗炎症薬で安静に保ちましょう。保存療法でもあり、この服薬期間は治療緩和に大変繋がるのです。焦らず、ゆっくりと徐々に自分のペースで治すことも大事です。落ち着いてきたら運動療法を取り入れていきましょう。

 

 

3、 運動療法で改善!

 

比較的軽い運動から行いましょう。自分に合った適度な運動をすることが重要です。運動では、ストレッチ、ヨガ、体操、軽いジョギング・ウォーキング、プールでの歩行などがあります。

 

 運動をすることによって高まった腹圧を下げるための燃焼効果や、胃の噴門線を抑制できず弛緩してしまっている下部括約筋を改善することができるからです。腹圧が高まりやすいい人の原因は、肥満や喘息、加齢による年相応の衰えや慢性気管支炎、猫背などで脊柱が屈曲(円背)してしまった状態の人などです。

 

よって肥満であれば脂肪燃焼を行い脂肪を燃やして改善効果を目指していくことができます。猫背などの人は下部括約筋を鍛えるなどで改善します。また、腹筋がありますが最初のうちは止めておきましょう。喘息や気管支炎であれば腹式呼吸を練習しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎による食後の胸やけは運動で改善!