逆流性食道炎による背中の痛みを和らげる対処法!

逆流性食道炎による背中の痛みを和らげる対処法!

 

 

逆流性食道炎による背中の痛みを和らげる対処法!

 

 

1、 逆流性食道炎の痛みと背中の関係

 

 何故背中が痛いのか?胃酸の刺激を受けた食道は、粘膜は損傷され炎症を起こしています。その為、身体の中央にある神経が過敏に反応を起こしてしまい、背中に痛みを感じさせてしまうことがあるのです。

 

この体の中央にあり神経は人間を支えている脊柱内の神経だと考えられます。人間には一本の脊柱神経が走っています。別名馬尾神経です。逆流食道炎により胸が圧迫されて肋間神経に痛みが生じて馬尾神経自体にも被害が増大すれば背中も痛くなるというわけです。

 

食道裂孔(食道ヘルニア)により食道が胃酸に侵されているため、喉も痛いのと、胸が強く圧迫を受け(腹圧が高まっていること)呼吸困難になったり、肩甲骨、肩周辺が痛くなったり、脊柱周辺が痛くなったりと様々な部位で痛くなります。

 

 

2、 和らげる方法としておすすめのプログラム教材

 

 これらの痛みを和らげる方法や改善策は逆流性食道炎改善プログラムという教材に載っております。私はこちらの教材を強くお勧めします。とても細かく例が挙げられています。例えば逆流性食道炎とピロリ菌との関係は?などや胃の三大トラブルを解決するプログラム応用術など、応用方法まで解説してくれるのです。なので逆流性食道炎になった時は、こちらの逆流性食道炎プログラムの教材をおすすめします。

 

 

逆流性食道炎改善プログラムをレビューした結果・・・

 

 

3、 対処方法

 

 最初は薬物療法が主流です。まずは安静に保ち服薬管理をきちんと行い治療していきましょう。無理なく焦らずやることが治療への一歩です。落ち着いてきたら運動療法に切り替えましょう。ただし激しい運動は危険ですので避けましょう。

 

 運動にはヨガや、簡単なストレッチ、軽いジョギング・ウォーキングやプールなどの歩行があります。

 

なぜ運動なのか?

 

逆流性食道炎になる人というのは腹圧が高まっているためだからです。また、下部括約筋が弛緩しているため正常に収縮するために運動で改善させる必要があるというわけです。腹圧が高まる原因や下部括約筋が弛緩する人というのは、肥満の人であったり、慢性気管支炎、加齢(衰え)による年相応、喘息、猫背などで脊柱が屈曲(円背)してしまった状態の人たちがなりやすいのです。

 

だからこそ運動療法によって、肥満であれば脂肪を燃焼してあげて治療に繋がっていきます。喘息、慢性気管支炎、猫背などで背骨が屈曲(円背)してしまった人は腹式呼吸・腹筋(最初のうちは止めておきましょう)などで治療していきましょう。

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎による食後の胸やけは運動で改善!そのやり方とは?