逆流性食道炎が原因の嘔吐・吐き気、下痢の対策を教えます!

逆流性食道炎が原因の嘔吐・吐き気、下痢の対策を教えます!

 

 

 

逆流性食道炎が原因の嘔吐・吐き気、下痢の対策を教えます!

 

 

1、 逆流性食道炎は辛い

 

 逆流性食道炎食道炎になると嘔吐や吐き気を感じたり、胸やけ、喉が痛かったりと大変症状としては辛いです。また、下痢は逆流性食道炎の薬が体に合わない場合など、薬で胃酸を抑えるため、消化力が落ち、腸に負荷がかかっている場合が考えられます。副作用みたいなものです。

 

 

2、 逆流性食道炎と対策

 

胃の噴門線が横隔膜に入り込んでしまって食道まで胃酸が流れます。これは腹圧などが高まり下部括約筋が噴門線を抑えることができず、下部括約筋が弛緩してしまった状態になり、胃が喉まで逆流します。 

 

 胃の下には胃底腺と呼ばれる胃体があるところがあります。ここで胃酸や胃液が作られます。胃には強い粘膜があり胃酸・胃液などの強い酸性に耐えられるように出来ています。しかし、食道にはそのような防衛機能はありませんので、胃からこの強い塩酸が喉に行くと、食道は炎症を起こし、食道の粘膜は損傷します。

 

 「対策」
噴門線のフタがパカっと開いてしまい横隔膜を貫くことで直接食道とつながってしまうのです。

 

 よって口が臭くなったり、呼吸困難になったり、嘔吐・吐き気が症状として出るのです。本来、食道にあるべきでない分泌物があるわけですから、それも消化分泌の強い酸性なので辛いのは当たり前です。

 

 呼吸が苦しい場合は腹式呼吸を行いましょう。

 

 

 

 

 

発症当時は、ひどい胸焼けと痛みにおそわれているため、薬物療法で治療していきましょう。また、服薬管理(リスク管理)も大事ですので、さぼらず服薬していきましょう。安静時が過ぎたら徐々に軽い運動を始めていきましょう。身体に負担のない程度でいいです。激しい運動は避けてください。

 

そもそも上記の喉の痛みの原因でご説明した通り、横隔膜が貫通し胃酸が逆流しているのです。つまり、腹圧が高まってしまい横隔膜が貫通するような状態となったといえます。腹圧が高まるというのは、肥満であったり、喘息、慢性気管支炎、加齢による年相応のもの(衰え)、猫背で脊柱が屈曲し(円背)になっているためだと考えられます。

 

これらの人たちはそれぞれのが原因を解消する必要があります。肥満の人であれば脂肪によって腹圧が高まってしまっているので」、脂肪燃焼を運動によって行います。喘息、慢性気管支炎は安静時療法をとりましょう。また、慢性ということは過度な運動はしないでください。急性と違い慢性なのでずっと続きます。

 

 

 

 

 

3、逆流性食道炎改善プログラムとは?

 

 皆さん逆流性食道炎改善プログラムという教材はご存知でしょうか?こちらの教材には、逆流性食道炎と下痢との関係性や、改善プログラムなどが解説されております。逆流性食道炎だけでなく、十二指腸など他の疾患にも効果があるようブログラムされています。

 

ストレッチやツボなども詳しく紹介・解説されておりますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【暴露】福辻鋭記の逆流性食道炎改善プログラムのレビュー!評判・口コミ・効果・2chや知恵袋での評価