逆流性食道炎によるつらい嘔吐の対策方法とは?

逆流性食道炎によるつらい嘔吐の対策方法とは?

 

 

逆流性食道炎によるつらい嘔吐の対策方法とは?

 

 

1、 もしかしたら逆流性食道炎かもしれません

 

  胸やけを感じて寝れなかったり、嘔吐・吐き気を感じる、呼吸が苦しいなどといった症状がある場合、もしかしたら逆流性食道炎かもしれません。この記事では特に嘔吐の対策について解説します。

 

 

2、 逆流性食道炎、嘔吐の原因

 

逆流性食道炎により胃の内容物が横隔膜を介して食道まで逆流しているため胸やけが起こります。呼吸が苦しくなったり、呼吸困難になるのはこの横隔膜が関係しているのです。

 

 本来、横隔膜とは人が呼吸するうえで使われる筋の一部です。人が息を吸う時(吸気)横隔膜は、下に伸びます。そして呼吸で吐くときに横隔膜は収縮して縮ます。縮んだ勢いで空気を外に出します。このように呼吸のポンプ作用を司っているのです。

 

 よって横隔膜がやられれば、呼吸は苦しくなり、呼吸困難に陥ります。

 

横隔膜がやられるというのは?

 

胃の噴門線が横隔膜に入り込んだ状態です。腹圧が高まり下部括約筋が弛緩してしまったために胃の噴門線が抑制が効かなくなり横隔膜に貫通し、食道に胃酸が逆流した状態になります。

 

この状態から胃の胃底腺と呼ばれる胃酸や胃液を分泌している所なのですが、この胃底腺から胃酸が噴門を介して、食道まで逆流していきます。そのため胸やけも生じますし、吐き気・嘔吐などが起こります。なおかつ呼吸も苦しいのです。

 

胃の粘膜は胃酸に対応した強い粘膜で出来ていますが、食道はそのような防衛機能はないので、胃酸が食道に来ると、食道の粘膜は炎症を起こし粘膜は損傷されます。

 

 

3、 改善方法

 

まずは薬物療法でしっかり治療していってください。もし治らない場合は手術しなければならない可能性があります。よって病院には必ず行きましょう。一人で何とかしようとせず病院に行き薬を貰い、薬物療法をやっていきましょう。安静時が過ぎて落ち着いてきたら運動療法を行いましょう。

 

運動療法では軽い適度な運動で十分です。激しい運動は避けてください。危険ですので悪化の元に繋がります。運動療法では体操、ヨガ、プールで歩行するなどや、軽いジョギングなどがいいでしょう。

 

そもそも何故運動療法なのかというと、腹圧が高まっているためだからです。また、下部括約筋が弛緩しているため正常に収縮するために運動で改善させる必要があるというわけです。

 

腹圧が高まる原因や下部括約筋が弛緩する人というのは、肥満の人であったり、慢性気管支炎、加齢(衰え)による年相応、喘息、猫背などで脊柱が屈曲(円背)してしまった状態の人たちがなりやすいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆流性食道炎の改善に腹筋は効果があるの?